一度飲んだら忘れられないヴァッハウワインはいかが?

世界遺産にも登録されているドナウ川沿いに沿った、
メルクからクレムスにいたる、約35キロメートルの地域ヴァッハウ渓谷。

渓谷の斜面に広がるブドウ畑、
中世の面影を残す廃墟のお城とデュルンシュタインの街、
オーストリアバロックの総合芸術にたとえられるメルク修道院などが
ドナウ河と一体化し、壮大な景観を生み出してます。

『ナポリを見てから死ね』ではなく、
『ヴァッハウ渓谷を見てから死ね』と叫びたいほど見事な絶景です。

これだけでも、バッハウ渓谷を訪れるに十分値するのですが、
この地域はオーストリアワインでも一番有名なワイン地域なんです。

フランス、ドイツ、イタリアワインなら良くきくけど、
オーストリアワイン???と思うかもしれません。

しかし、オーストリアでは、ローマ時代からワインが作られ、
ヨーロッパで3番の生産国なんですよ。

その中でもヴァッハウ地域ワインの白ワインは絶品です。

日照時間に恵まれ、南斜面の山に段々畑になっている葡萄畑は、
ドナウ河からの反射光も加わって糖度が上がり、
夜の冷え込みが、豊かな酸を蓄えます。

そして、アルプスの山のアルカリ性の土壌。

ドナウ河の恩恵と
理想的な白ワインの最高品質を作り出す条件が整っている地域
それが、ヴァハウ渓谷なんです。

ほとんどが家族経営のワイン農家で、
自慢の個性あふれるワインを生産しています。

また、ヴァッハウ渓谷では
品質の高いワインを生産していくために協会を設立し、
オーストリアワイン法とは別に独自の厳格な品質基準を設定しています。

毎年試飲をして、『シュタインフェーダー』『フェーダーシュピール』 『スマラークト』3つの等級に分類するのです。

お味はというと、
高級感あふれる香りと口に含むと程よい酸味が広がるのに、
ワインの味が食事の邪魔にならないというより、さらに引き立つ感じ

素材にこだわりを持って作られたワインは
単独で飲んでも勿論美味しいのですが、食事と一緒でも美味しく飲めちゃいます。

そのため、オーストリア人は
魚、肉に関わらず、白ワインを好んで食事に飲みます。

シュタインフィーダー(STEINFEDER)

シュタインフェーダーの名前の由来は、ヴァッハウ渓谷地方の石垣に生える野草『スティパ・ペンナータ』から来ています(上記の写真)軽い羽の草のように軽く、口当たりがよく、かつスパイシーで豊富なフルーティな辛口の白ワイン。

糖度15-17度の葡萄から作られ、アルコール度11.5度以下
値段も手ごろで6ユーロぐらいから購入できますよ。

フェーダーシュピール(FEDERSPIEL)

フェーダーシュピールとは、鷹狩りの時、
鷹を呼び戻すために鳩の羽で作られた道具から由来していて、
ヴァッハウ地方でも古くからよく使用されていたものです。

フェーダーシュピールワインは、シュタインフェーダーよりも、
フルーティーでライムや梨のような香理がある辛口の白ワインです。

糖度17-18.2度の葡萄から作られ、
アルコール度11.5-12.5度以下

現地の人がもっとも好んで飲むワインといっていいでしょう

スマラークトはエメラルド色のこと。
エメラルド色のトカゲ『スマラークト』は
ヴァッハウ渓谷の良い畑の石垣にのみ出現するといわれています。

フルーツ感が前の2種類のワインより、はっきりとしていて、
洋ナシや柑橘系のような香りに甘さを感じる個性的なワインです。


天候などで年によっては、スマラークトが出来ない事もあります。

糖度18.2度以上のブドウからつくられ
アルコール度12.5%以上

飲みごたえのある高級なワインです。

ワイン好きの人には、たまらない情報だったかと思います。

 

ベートーベンもシューベルトもヴァッハウワインを堪能してました

 

一日ヴァッハウ渓谷まで足を伸ばして、

ヴァッハウワインをティスティングすると、その味に

あなたも魅惑されるでしょう