ウィーン旅行 4月の気候と服装

長い長ーい冬がもう終わりを知らせてくれそうなウィーンの4月。

緑もちらほら見えて、春を感じさせてくれます。

しかし4月の最低平均気温は6度 最高平均気温は15度

突然雨が降りだしたりと、とても気まぐれで1日の間に気温が激しく上下します。

 

昨年の4月、ウィーンに行ったとき温度差が激しい経験をしました。

ポカポカと陽気で20度近くあった気温が、突然雨が降り

温度が一気に10度近く下がりました。

突然の寒さで「本当に4月なの?」と思うほど。

 

日中はコートが必要なくても、薄手か皮のコート厚手の上着、スカーフは必需品です。

折りたたみ傘もお忘れなく。

 

 

ウィーン旅行 5月の気温と服装

5月~9月がウィーンのベストシーズンと言われています。

街路樹のマロニエは新緑に覆われ、建物とマッチして本当に美しい街並みです。

5月の最低平均気温は11度、最高平均気温は21度です。

ゴールデンウィークにウィーンに旅行に行って、日中ものすごく暑く30度だった人もいます。

 

日中に温度がものすごく上がっても、

飛行機の中や朝晩は寒いですから、カーディガンや上着は必需品。

重ね着をしていくのが賢いと思います。

 

現地で購入してもよいと思っていても、

すぐに気に入ったものが見つかるともかぎりませんので

例え日本でウィーンの最高気温が30度を日中越えていても

寒さ対策は準備しておくのが良いでしょう。

 

雨も降りやすい時期です。しかし日本ほどではありません。

折りたたみ傘は必需品です

 

もうひとつ忘れてはならない準備は、円からユーロの両替です。

 

個人で旅行する場合は、空港に到着してからウィーン市内のホテルまでの移動に

すぐにユーロが必要になります。ツアーでもホテルではすぐにチップなどが必要になります。

せっかくのウィーンアーコーヒーを到着と同時に味わいたいと思っても、

日曜日にぶつかってしまうと銀行は休みで高い両替所しか開いていませんし、

ホテルも現金も人数分持ち合わせていない時もあります。

 

私は最初日本で両替していきましたが、10万の現金を両替して、5000円近く手数料等がかかりました。

現地でも出来るのですが、レートが15%ほど高く、手数料も8ユーロ近くかかります。

こんなに手数料がかかる両替を現地のATMから現金が引き出せ

1000円ぐらいの手数料で損なくする方法があります。

 

それは最近わたしが使っているマネーパートナーズと言う会社の口座を使うと、

20万円の両替で930円の手数料で両替する事ができました。

 マネーパートナーズをもっと詳しく知りたい方は、公式ホームぺージを

 

参考にしてください

話題の海外専用プリペイドカード【マネパカード】新登場!

 

 

ウィーン旅行6月気候と服装

6月の最低平均気温は13度、最高平均気温は23度です。

しかし天候によって気温の変化が激しいですから、5月同様

重ね着、上着を持っていきましょう。

 

ウィーンは四季が日本のようにはっきりしていなく、

夏と冬の2季節と言ってもいいぐらいです。

 

長い冬が終わって、5月も中旬になると夏がいきなり始まる感じで

9月までが夏と言ってもいいのですが、

日中に温度が上がっても、朝晩や雨が降ると10度以上の

温度差があります。

 

最近は日本の梅雨のように、6月は雨も多くなりますので、傘は忘れずに持参しましょう。

 

ウィーン旅行 7.8月の気候と服装

7.8月の最高平均気温は15度、最高平均気温は25度です。

 

ウィーンの気候は、日本のように、季節によって変化がみられるわけでなく、

7月でも、雨が降ると温度が10度近くまで下がったかと思うと

次の日から、35度越えということも珍しくありません。


これがずっと続いたかと思うと、

いきなり秋がやってきます。


7.8月に秋の気候になることはありませんが、8月も終わりになると

日が沈むと、肌寒い夜になります。

 

 

この温度差で、体調を崩す方もいます

水分はまめに補給していきましょう。

 

ウィーンでは、ガス入りの水が主流です。

ガスなしを購入したいときは、ペットボトルを押すと

ペコペコと引っ込むのが、ガスなしです。

 

夏でも、エアコン防止に上着ではなく

急激に下がる温度に備えて、必ず上着は持っていき。

寒ければ着る、暑ければ脱ぐ(o^―^o)ニコ

こちらを忘れずに

 

ウィーン10月の気候と服装

10月はこちらでは秋ですが、待ちゆく人は薄いダウンジャケットに

厚手のストール、マフラーをして出かけます。

最低平均気温は7-8度、最高気温は14度です。


日本の(東京)冬の気候と考えて良いと思います。

晴れの日も少なく、風がありますので、体感温度は実際よりも寒く感じます。


セーターやフリースなどを準備するとよいですよ。

帽子や手袋もスーツケースの中に入れておくとよいと思います。


ホテルの部屋の中は、暖かいですので、外出用です。