ウィーン お勧めレストラン

ウィーンの料理は、ハプスブルク帝国の発展とともに、

ウィーンに各国から様々な料理がはいってきました。


ハンガリーからはビーフシチューに似た「グーラッシュ」、イタリアからは「シュニッツェル」と

各国の料理が、ウィーンに入ったのち、いろいろと工夫がされ、現在の味覚に発展しました。


ですが、独自の文化と料理を持っていたので、

これをすべてオーストリア料理とは言えず、すべてがウィーンに通じていたことから

ウィーン料理と呼ばれるようになったとか。


どの料理も日本人の口にあります。

ただし、量が多いので前菜、スープを注文するとメインが食べきらないかも。。


代表的なウィーン料理です。


★ウィンナーシュニッツェル Wiener Schnitzel
パン粉をつけて両面を焼いた仔牛のカツレツ。ウィーンでは豚肉が人気だそうです

★ターフェルシュピッツ Tafelspitz
スパイス、レモンの皮などで味つけしてゆでた牛肉。

ソースにリンゴや西洋わさびをつけていただきます

★シュヴァインツブラーテン Wiener Schweinsbraten
ウィーン風ローストポーク。

★グラーシュ Gulasch
ハンガリー風牛肉煮込み料理

★ツヴィーベル・ローストブラーテン Zwiebelrostbraten
牛肉ロースト、カリカリに焼いた輪切りのタマネギ入りソース付き。

ウィーンで一番古いレストラン 「グリーヒェンバイスル」

ターフェルシュピッツの専門店 プラフッタ PLACHUTTA

ウィーン料理の代表 ターフェルシュピッツ

牛肉を野菜とじっくり煮込み、リンゴ、タルタルソース、西洋わさびでいただきます。

この牛肉がとろけるような柔らかさ。一度食べたら病みつきになります。


ターフェルシュピッツはお店によって、味が違いますが、プラフッタのターフェルシュピッツは絶品です。

大きな鍋に入ったターフェルシュピッツがテーブルに運ばれてきます。

http://www.plachutta.at/de/tafelspitz/


最初に煮込んだスープを前菜としていただきます。

スープに入れる具も何種類かあり、注文の時に聞かれます。

私はいつもクレープを細くヌードルのように切ったパラチンケンというものを

注文。スープとの相性が抜群です。


そのあと、皿にメインの肉を盛り付けてくれます。

ホウレンソウのソースと食べてもとてもおいしい。


お値段は高めで飲み物を入れて一人40ユーロは覚悟です。

滞在中、一度贅沢な郷土料理を食べたい方には

プラフッタは一押しのレストランです。


日本食が恋しくなったら 「雲海」

ウィーン滞在で、日本食が恋しくなったときに必ず行くのがグランドホテル7階にある

レストラン「雲海」です。

リンク通りに面していて、とても便利な場所です。

http://www.unkai.at/

 

海外で食べる日本食はあまり期待していないのですが、

こちらのランチメニュー「雲海スペシャル御膳」は味も大満足。

 

写真の他に前菜やデザートもついています。

食べ応えもあり、これで22ユーロ。

 

ちょっと洋食続きで、胃が疲れた方には

是非、お勧めします.


※夜に行くときは、予約をしたほうがいいです。


 


地ビールの店 Fischerbräu

19区にある地ビールを飲ませるお店フィッシヤーブロイは

いつも現地の人で賑わっています。

ビールだけでなく、料理もとてもボリュームがあって、美味しい。


とろけるチーズたっぷりのビールスープは

個人的にとてもおすすめですよ。

ウイーンの美味しいイタリアン DA CAPO

ウィーンではお隣の国のイタリアンレストランも沢山あり

その中でも人気のレストラン「DA CAPO」ダ カーポ

http://www.dacapo.co.at/

 

イタリアシェフが腕を振う料理を食べると、まるで

イタリアに旅行に来た錯覚を起こしそうなほど

 

アンティパスティ(前菜)のセルフサービスコーナー

イタリアピザはトッピングがシンプルなので、ルッコラを更に特注しました。

量が多いので、2人で出掛けた時は、2.3種類を一品ずつ頼んでシェアしたほうが

色々味を楽しめます。

 

地元料理に飽きた時、イタリアンレストランに行くのもいいですよ。